仕事わくわくプロジェクト

若手社員を中心とした新しい企業カルチャーの創造の場

若手中心で会社を変える 「仕事わくわくプロジェクト」とは、その名の通り「仕事をワクワクさせる」を追求するプロジェクトです。
私たちは、古き良き企業カルチャーを残しながら、時代の変化に合った新しい企業カルチャーを育てる必要があると考えています。 
社長の長年の想いである「今よりもっと仕事を楽しく!もっとワクワクする社内にしたい!そうしてこの時代の荒波を乗り越える力を身につけてほしい!」。
そして、その想いを実現するために自ずと集まった社員たち。現在若手社員を中心として、ワクワクする職場作りに励んでいます。

実現した"わくわく"をご紹介

  • 事例1
  • 事例2
  • 事例3

猪名川の日輝製作所募集要項

実行委員紹介

[金型課] 隈元

若手中心で会社を変える 「自分たちがこれから20年、30年と働いていく会社です。 それなら自分たちで楽しくてワクワクするような職場を作っていきたい!そんな想いで、若手メンバーを中心に色々な意見を出し合っています。コミュニケーションの一環としてクラブ活動も始動しました。これからもより楽しく働きやすい職場作りを目指していきたいと思います。」

[総務課] 藤井

若手中心で会社を変える 「私は、入社して半年で「仕事わくわくプロジェクト」に加わりました。このプロジェクトの良いところは、他部署と深く関われるところです。総務課は他部署との関わりが少ないので、各部署から集まったメンバーで和気藹々と、且つ真剣に話し合う場は、当時の私にとってかなり貴重でした。たくさんの意見が聞けて、更に任されることも増えて、やる気に直結したプロジェクトだと思います。」

[製造課] 喜田

若手中心で会社を変える 「仕事わくわくプロジェクトで生まれた飲ミュニケーションでグループ内の親交を深められました。地域の活動に参加し、周辺地域の方々と交流する機会も生まれました。2017年には、夏・冬の制服デザインも一新し、着ていてカッコイイものになりました。」

社長から一言

仕事わくわくプロジェクト発足のきっかけ

社長から一言 睡眠時間を除くと平日の60%以上の時間が通勤と仕事に費やされています。 本当に生活するためだけに仕事を続けるの? いやいや、私も含め従業員がつまらない仕事を続けていたのでは人生も充実できないし、いい仕事の結果も生まれない。 では、仕事をわくわく楽しむにはどうしたらいいの? そんなところから若手メンバーを中心にプロジェクトチームを結成し、月に数回集まって、日輝流働き方改革を議論して、仕事をわくわく取り組むための土台作りを進めております。 経営の立場からは気づかなかった事柄や皆の真剣な思いをビシバシと受け取りながら、働き方改革と一緒に自分自身の改革も並行して進んでいるんだと実感しております。 古き良き部分は残しつつも、組織におけるこれまでの常識や風土、価値観にとらわれず、新しい発想で企業文化を新たに作り、全従業員が仕事をわくわく楽しめるようになるまでこのプロジェクトによる改革は続きます。

猪名川の日輝製作所募集要項